about

トリココーヒーは、「産地」と「福祉」がつながって生まれたオーガニックコーヒーです。
エチオピアや東ティモールの農園から届いた豆を、愛知県の工場でじっくりと焙煎。
焼きあげる際に割れたりつぶれたりした豆は、障がい者福祉施設でハンドピックしています。

小さな豆を一つひとつ仕分ける作業は、たいへんな集中力が必要です。
しかし、福祉施設に依頼をすれば、利用者さんの特性を発揮して丁寧に仕分けてもらうことができるのです。
直火焙煎にこだわり、厳選された豆を使用することで、より透明感のある香り高いコーヒーを生み出しました。

フランス語で「セーター」や「編みもの」という意味を持つToricot(トリコ)。
この名前には、「一人ひとりの手を通して生まれたコーヒーが、誰かの心を暖められるように」。そんな想いが込められています。